りっちゃんの英語習得の近道

英語を覚えるなんて簡単

知っておくと便利なエレベーターで使う表現

読了までの目安時間:約 2分

 

今回は駅や商業施設などで利用することが多い、エレベーター内で使う英語表現について紹介をします。

エレベーター内で使う英語なんてあるのかと思うかもしれませんが、1つあります。
それは自分がエレベーター入り口のボタンを押す側に立った時に、他の人に
「何階ですか?」と聞いてその階のボタンを押す時です。

しかし、日本では個人個人が自分でボタンを押すことが多く、ボタン付近にいる方がわざわざ尋ねてくれることは少ないかもしれません。

けれどもアメリカやイギリスなどの欧米諸国では、よくボタン付近にいる方が「何階ですか?」と尋ねてくれます。

私は以前アメリカの大学の寮で生活をしていた時に、エレベーターに乗ると広い空間に私と先に乗っていた女性が1人いたのですが、やはり「何階ですか?」と尋ねられたことを覚えています。
「こういうとこはすごく親切なんだな~」と驚いたことを覚えています。

これは日本と欧米の文化の違いかもしれませんが、日本でもエレベーターが混雑してる時や手に荷物をたくさん抱えている時は誰かが利用階のボタンを押してくれたら助かりますよね。

自分が乗ったエレベーターに外国人の方がいたら、何と言って利用階を尋ねればよいでしょうか??

英語で「何階ですか?」とは「What floor?」と言います。

よく「どの階」という風に解釈をして「Which floor?」と言う方もいますが、whatの方が一般的です。

それに対する返答は、例えば5階なら「Fifth floor, please.」とか「Five, please」となります。

簡単な表現なのに、外国人の方に対して親切に対応することができる言い回しなので是非覚えておくことをおすすめします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: