りっちゃんの英語習得の近道

英語を覚えるなんて簡単

こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?【海外旅行で知っておくと便利な一言】

読了までの目安時間:約 3分

 

海外旅行で外食をすることは多いと思います。
そこで飲食店で使える便利な表現について1つ紹介します。

例えばファストフード店へ入ったとします。
日本では「こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」
と聞かれます。

それは海外でも同様であるため同じことが聞かれます。

アメリカでは「For here? or to go?」と尋ねられます。

よく日本ではお持ち帰りのことを「テイクアウト」と言いますが、これは通じません。
お持ち帰りの時は「To go」と言います。よって店員さんに「To go please.」と言えばよいでしょう。

食べきれない料理

アメリカのレストランやファストフード店で提供される料理の量は日本に比べると量もサイズも大きめです。
せっかくお金を払って注文しても食べきれないで勿体無いと感じた方もいるのではないでしょうか。

そこで残った分を持って帰りたい場合、アメリカではレストランによってそれが可能なことがあります。

日本では衛生上などの理由でレストランで食べ残したものは持って帰れないケースがほとんどですが、アメリカではすんなりオーケーなのも驚きです。

お持ち帰り専用のパックをもらうことができるのですが、その際に店員さんに
「 Can I have a to go box?」とか「I would like to get a to go box.」
と伝えると持ち帰るための紙製の箱やプラスチックの容器を持ってきてくれます。

それに自分で料理を詰めて持って帰ります。もしビニール袋が必要なら
「Can I have a (plastic) bag?」と言うと日本でもらうスーパーの袋のようなものをもらえます。
英語ではビニール袋のことを「plastic bag」と言うので覚えておくと役に立ちます。