りっちゃんの英語習得の近道

英語を覚えるなんて簡単

今日のワンポイントレッスン【Hun はどうやって使うのか】

読了までの目安時間:約 3分

 

日本語の「はぁ?」って感じ悪いけど・・・・

私は発音が下手で、口の開きが小さいのでもごもごしたしゃべりになります。
ある時先生に私が何か質問をしたのですが、私の英語が聞き取れなかったようで
「Hun?」と言われました。

日本語で言うとまさしく「はぁ?」と似た音に聞こえました。

「え!先生キレてるのかな・・。私の英語そんなにダメなんかな・・。」
と思いましたが先生はニコッとしていました。

でも聞き返していることには違いないと思って、もう一度話すと理解してくれました。

英語の「Hun?」の使い方

日本人も起こった時に「はぁ?」という時があります。日本ではこの言い方はあまり良い印象を人に与えません。

英語のHun?は日本の「え?何て?」という意味で使われています。決して怒っているわけでもないし失礼な言い方でもないのです。
慣れるまでは違和感を感じる方もいるかもしれませんが、自分でも積極的に言ってみるといいと思います。
ただ、目上の人や上司には軽い感じがするのであまり使わない方がよいでしょう。

また、「~だよね?」と相手に同意を求める時もこのhun?を付けると便利です。

例えば、「You like baseball huh?」というと「野球好きだよね?」という意味になるのです。

英語の教科書では同意を求める時は「You like baseball don’t you?」という風に
前の文が一般動詞の肯定文であれば、後ろに否定文にする必要があるのでdon’tを付けるようにとややこしい感じで習います。

確かにこの文も正解で相手に通じますがもっと簡単にHun?を利用していくと会話のテンポも良くなりおすすめです。

最後にhunはhoney(恋人や彼女、親しい友人、子供)を表すこともあります。
例えば「bye hun.」と言い、これは彼女や自分が好意を持っている相手に向かって言うお別れの際にいう表現です。
日本では彼女に向かって「バイバイ、僕の恋人」なんて言いませんが英語圏の方は好意を込めてこのように言うのです。

このような表現は少し会話に取り入れるだけでネイティブの雰囲気が出るのでおすすめです。

今日のワンポイントレッスン【英会話で覚えておくと便利な単語workの使い方】

読了までの目安時間:約 3分

 

鍵が開かない!!と言うトラブルで焦る事なく対処する

学生の頃初めてアメリカの大学へ留学した時のことです。寮生活だったので手続きをして、フロントで自分の部屋の鍵を受け取りました。

部屋の前へ行き、ドキドキしながら鍵を差し込もうとすると鍵が全く入らないのです。

「え!何で!?」と何度もガチャガチャしても鍵穴には入りません。

部屋番号は間違っていないし、「鍵が違うのかも・・。」と思いフロントへダッシュしました。

フロントで私は「鍵が開かないって何て言うんだ!!The key does’t open??」

いや違う・・。でも何て言えばいいんだ。とあたふたしていました。

フロントで鍵を渡しながら身振り手振りを使いながら困った表情をしていると
フロントの人が言ったのです。

「The key doesn’t work?」

私はハッとして「そう!」と思わず日本語で答えてしまったのですが、何とか鍵を交換してもらうことに成功しました。

「work」は仕事をするという意味しか知らなかった私は早速辞書を使って調べてみると「作動する、取り組む、薬の効き目がある・・」とありました。

今まで私は英語の何を勉強してきたのだろうと思うと情けなくなりました。

留学するために勉強してきたつもりで英語もそれなりに得意だと思っていた自分の自信がガタガタを崩れた瞬間でした。

workを「働く」と覚えては損

英単語にはその単語元来の意味があることに気がつきました。
workの場合は「動いて力を出す」という基本の意味を持つ単語なのです。

日本の英語教育はworkの意味は「働くと仕事」という感じで覚えさせられますが、これは英会話では通用しないと思います。

work本来の意味を知り、柔軟に使っていく必要があるのです。

すぐに使える便利表現

では3つ例をあげてみます。

鎮痛剤がそのうち効くよと言いたい場合
The medicine will work soon.

先生に宿題に取り組んでいるのかと指摘された時
I am working!(やってます!)という意味

テレビが映らない!
The TV doesn’t work.

などworkの用法を知っておくと日常で使える表現が増えてくるのがわかると思います。ぜひ使ってみて下さい。

今日のワンポイントレッスン【私が盗まれる!?受動態に注意しよう!】

読了までの目安時間:約 3分

 

今回は受動態でよく間違われる表現について説明したいと思います。
まず、受動態とは「~される」と言いたい時に使われる文法です。
英語のテキストではbe動詞+動詞の過去分詞を使って書きましょうとされています。

例えば「彼はみんなに愛されている。」なら、「He is loved by everyone.」となります。

では、よく勘違いされる問題を見てみましょう。
「私は昨日財布を盗まれた。」という例文です。

日本語では「盗まれた」となり見たところ「~される」となっているので受動態だと判断されます。

よくある間違いが「I was stolen my wallet yesterday.」です。
一体この文の何が間違っているのでしょうか?

よく見ると、主語が「私」で「I」になっています。
受動態では「主語が~される」という意味になってしまい、これでは「私が盗まれた」という文になっているのです。

盗まれたのは私ではなく財布ですね。
よって正しい文は「My wallet was stolen.」となるのです。

日本語に惑わされないようにしよう

ここで大事なのは日本語の文をそのまま英語にしようとしないことです。
このことは受動態の問題に限ったことではありません。

例えば学校の英語のテストでは英作文の問題が出題されますが、日本語からそのまま英語に変換しようとしないで何が言いたいのか自分できちんと理解することがまず必要になります。

日本語の文では「私」という主語があるから「I」から書き始めるのではなく、書かれている文の意味を把握しないと英語は上達しません。

それでも「I」から書きたい!

中にはそれでも主語とIとして書きたい!と思われる人もいます。
その場合のもう1つの書き方を紹介します。

少し難しいかもしませんがhaveを使った方法です。
haveは「持つ」という意味のほかに使役動詞で被害を表す用法があります。
「I had my wallet stolen.」と書けば正解になります。

簡単に説明すると「私は/被害にあった/財布が/盗まれた状態に/」という感じになり、被害を表現したい時は「have+被害にあった物+動詞の過去分詞」という公式があるので使ってみて下さい。

英語が出来て良かったと思うことって何がある??

読了までの目安時間:約 2分

 

私は英語が好きで人の教える仕事をしてきましが、日本で生活をする中で英語ができて心底良かったと思えることは正直ありません。

しかし最近はグローバル社会になっていますよね。

先日友達とランチに行った際に外国の方が悩んでいました。

とっさに英語で話をした所簡単に解決できたのです。

その時はやっぱりすごいね!!って友達にも言われて気分は良かったです。

なので、英語で何がしたいのか??と言う事がしっかりしている方が、学習するのが違うと思います。

日本語だけで生活ができるし、仕事以外で役に立つことは特にないです。

海外旅行に行った時は不安がありません。

英語ブック片手に旅行をしていると、やはり騙される事もあるかもしれません。

そんな事は私は一切ない訳ですね。

海外に良く行く事がある方は必ず習得するべきですよ。

はっきり言えます。

英語が出来れば世界でなんとかなります(笑)

私は人に英語を教えることが好きでしたので、それでお給料がもらえたので好きな仕事をすることができたことは良かったです。

今は、子供が出来て現場から離れていますが、時間に余裕が出来ればまた先生をしたいなぁと思います。

英語が苦手な子でも、ちょっとした事で本当に好きになってくれます。

親ならわかるかもしれませんが、英語教材を買ってあげて最初はいまいちだったかもしれません。

しかし理解した時の感動は、他では味わえないですよね。

スタディーサプリなんかはゲーム感覚で取得出来ます。

本当に時代が変化して、すごい時代だなぁと私は思いますね。

英語ができれば世界が広がる

読了までの目安時間:約 2分

 

英語ができれば世界は広がります。

英語は世界共通語として認識されているため、英語が話せれば世界中の人々と話をすることができると言っても過言ではありません。

海外の方達と話すことで日本とは違った価値観や考え方を知ることができます。

日本とは180度異なる価値観を知ることで、物事を柔軟に考えることができるようになります。

日本で生活をしていると日本の常識や価値観が当たり前と思って一つの角度からしか物事を判断できなくなります。

けれども、海外の人々と接することで多種多様な考えを知り、様々な視点から物事を考える力がつきます。

今や、Amazonを使って海外の方と取引が出来る時代でもありあます。

まだアップルが日本で有名になる前です。

私の知り合いがアメリカに住んでいました。

当時アップルの中古のパソコンが5000円程度で買えたそうです。

そのパソコンを日本で10万円以上で販売出来たいたみたいです。

これも英語が出来た事によって、出来るビジネスですよね。

日本で売っている炊飯器を10万円で中国人が買っていますよね。

中国のデパートで普通に日本の炊飯器が30万円などで売られているのです。

中国の方は日本で買い物するのが非常に安いのですね。

このように言葉が出来るだけで、自分が得をする事ももちろん可能になります。

英語を取得して世界を変えてみませんか??

英語ができれば仕事が増える?

読了までの目安時間:約 2分

 

英語ができれば仕事が増えるのでしょうか?と言う質問をよく受けたことがあります。
答えとしては仕事は増えると思います。
日本ではまだまだ日常生活会話レベルでも英語を使いこなせる方は少ないですが、企業では外国人労働者を雇ったりマーケットを世界中に拡大するようになっているため英語が話せる方の需要は高くなっていると考えられます。
今後もこの傾向は続いていくことが予想されるため、英語を使いこなせる方は選べる仕事が多くなってくるでしょう。

また、英語ができれば自分でも外国人を相手にビジネスを展開することができるので市場が世界中になります。
もちろん通訳を入れて仕事する事は可能です。
しかし自分で交渉出来れば、世界はもっと変わりますよね。

また英語が出来ると言う事も技術でもあります。
専門の資格を取ればそれだけで仕事があるのと同じで、英語をマスターすれば仕事は必ずあります。
英語が出来て無職なんてありえない事ですよね。

お客さんが日本人だけではなく世界中の人々になるので魅力的ではないでしょうか。

英語取得への近道は?

読了までの目安時間:約 2分

 

英語を取得することは自分にとって、または子供さんにとってどうしたいのか、どうなってもらいたいのかを決めることが大事です。
例えば日常会話のレベルにしたいとか、ビジネスでも通用する力が欲しいのか、それとも学問としての知識を養いたいのかと言うことで方法は違ってきます。

日本は諸外国と違って日本語の他に使用される言語がありません。
アメリカでは英語の他に地域によってスペイン語が使われている場所もあるので、そこで暮らす人々は第二言語としてスペイン語をを取得しようとする方も多いです。
言い換えると生活に必要なので勉強しようとするのです。
けれど、日本ではそれほど日常生活で英語の必要性を感じるでしょうか。よって英語を取得しようとする場合、日本では個人の努力が必要不可欠なのです。
さらに費用も自分で用意しなければなりません。

例えば英会話をマスターしたいのなら、留学をすることが一番の近道ですが、そのような環境に身を置ける人は多くありません。
現実的無理ですよね。
そんな中近道があるとすれば

コツコツと毎日英語に触れる事が大事です。
些細な事で大丈夫です。
英語に置き換えて生活をするのも良し!
英語の会話をiPodから聞いているだけでも良いです。

毎日英語の教材を開くなど、ちょっとした事の積み重ねが大事です。
英語を体に週刊付ける事が1番の近道だと思います。

英語の勉強って何をするの?

読了までの目安時間:約 3分

 

英語の勉強をしようとしたり、自分の子供にさせようと思った時、どのような方法を試しますか?学生さんなら学校で習う一つの科目として文法や読解を中心とした英語のイメージを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。また、小さな子供さんに英語教育をさせようとする場合は英会話のイメージを抱くのではないでしょうか。
英語は日本語と同様に言語で、コミュニケーション手段の一つです。それなのに英語に関して日本人はこの2つの異なったイメージを持っているのが面白いのです。
日本の学校教育で英語は数学や国語のような科目として位置付けされています。よって中学1年生の時はThis is a pen.とかIt is a dog.のように一体日常生活でこの表現を使う時があるのかと疑問に思うようなことを一生懸命勉強するのです。
「歩く」、「走る」、「食べる」のような日々使うような一般動詞は中1の夏くらいにやっと勉強し始めることが多いです。そして高校では1年生の時に文法を一気に終わらせ、2年生で構文演習をして3年生で総合的な演習をするようになります
授業内容は文法や読解が中心となり、ライティングやリスニング、スピーキングの演習をする時間はほとんどないのに等しいのが現状です。

ではどうしてこのような授業内容になっているのかと言うと、大学受験の試験科目としての英語が読解中心でありスピーキングやリスニング、ライティングの力を問われる問題が少ないからです。マーク式や記述式のペーパーテストが基本であるため、実際に使える英語なんて学ぶ必要はないのです。
その反対に子供の英語教育は英会話が中心になります。英語を言語として耳で聞いて、言葉を話す練習を繰り返します。難しい文法を習うことはなく、子供が自然と言葉を覚えるように訓練していくのです。しかし、この子供英会話も習うのも幼稚園や小学生までで、ほとんどの子供達は途中でやめてしまいます。

結局のところ現在の日本では学問としての「英語」に重点が置かれており、文法書や参考書とにらめっこするような勉強をしているのです。