りっちゃんの英語習得の近道

英語を覚えるなんて簡単

またwhy? 日本人がよく使うwhy?の違った言い方

読了までの目安時間:約 3分

 

人と待ち合わせをしていて、相手がなかなか来ないことを経験したことはありませんか?
やっと来た相手に「なんで遅かったの~?」と尋ねるのはよくある光景ではないでしょうか。

これを英語に直すことを考えると遅刻した理由を聞きたいからwhyから始める文を思いつくかもしれませんね。

確かに何かの理由を聞きたい時はwhyをよく使います。簡単で便利だからです。
しかし、いつもこのwhyばかりでは洗練されないしwhyは「きちんとした理由を言って!」みたいなニュアンスを持つので少しきつめな印象を与えてしまうこともあります。

そこでおすすめの表現を紹介したいと思います。

「What took you so long?」という言い回しです。

このtookはtakeの過去形で直訳すると「何があなたをそれほど長く引きとめたの」という意味になります。

変な言い回しだと感じるかもしれませんが、ネイティヴの方達はよく使います。
whyから始める文と違って、理由と聞くというよりは「遅いよ~」くらいの意味で使われます。
口調によっては怒っている時にも使うことができます。

なぜ日本に来たのですか?

最近は外国人観光客が増加しています。
「どうして日本に来たのですか?」
と外国人の方に尋ねることもあるかもしれません。

その時、「Why did you come to Japan?」と尋ねる方も多いですが、whyをよりもオススメの表現を1つ紹介します。

「What brought you to Japan?」と言ってみて下さい。
bringは「持ってくる」という動詞です。直訳すると「何があなたを日本を連れてきたのですか?」となります。

結局は日本へ来た理由を聞いていることになります。whyを使うよりより自然な表現なのでぜひ覚えておいて下さい。